2018/01/09

「降格すると揶揄されたチーム」に思う



(サッカーの話です 興味ない方はスルーでお願いします ^^;)



今からちょうど1年前 横浜Fマリノスのことを書く記事にはすべからく「伝統クラブの凋落」とか「チーム崩壊」の言葉が躍り”2017シーズンの降格候補”といろんな媒体で書き立てられていた
超主力の中村俊輔のジュビロ移籍や監督と選手の不協和音 カイケ(外国人助っ人)の素行不良などが一気に噴出したことがそんな記事に繋がったと記憶している

一方サポーターの方も2016シーズンがリーグ戦10位とマリノスの歴史にないほど低迷した結果だったのでかなりの不満が募っていたので これらのニュースが報道される都度 僕自身も「今季(2017シーズン)もダメかな」と正直思ったものだ

しかし2017シーズンを終えた今 振り返ってみるとリーグ戦では5位(一時は2位まで浮上) 天皇杯は決勝こそ敗れたものの準優勝と(ファンとしては色々悔しいところはあったものの)少なくともシーズン当初の下馬評を大きく覆す結果を残した
しかも 俊輔なき後 主力&キャプテンの斉藤学をシーズン中盤に大けがで失うなど 他のトップチームと比べて明らかに戦力不足だった中での結果である

シーズン最終戦となる2018年元日の天皇杯決勝(埼玉スタジアム)で観たマリノスは選手たちのタイトルにかける熱もスタンドまで十分に伝わって来る程熱く チーム全体としても一体感があり素晴らしいものだった

誰がどうやって崩壊寸前のチームをまとめ上げ蘇らせたかは僕には知る由もない
けれど 何を言われても諦めなかった人たちが居たことは間違いないんだろうと思う

人生はいい時も悪い時もある
思うようにいかなかったり 逆境に立たされたとき何をすべきかを今シーズンのマリノスは体現してくれたように思う

努力しても報われるとは限らない
けれど諦めたら確実に良い結果は生まれないのだと…

(写真は2018年元日 埼玉スタジアムへのアプローチ途中にて)

2 件のコメント:

  1. Mさん、こんにちは
    Mさんとサッカーの話ができると思いませんでした
    17年シーズンに先立って、契約更改などで傍目からみてもマリノスは
    ガタガタしているな~と心配していました
    小林祐三選手も好きだったので、鳥栖に行ってしまったのも残念でした
    一方で、17年シーズンで唯一2敗したのはセレッソだけで、鹿島にも同等に
    渡り合っていました・・・と記憶しています
    また、J1でJ2に落ちたことがないのはマリノスと鹿島だけ
    我らが「レッズ」から見たら、失点の少ないチームカラーは羨ましい限りです

    困難を乗り越えた、先シーズンのマリノス関係者の多々がたの努力は相当なも
    のだったと思います

    日産スタジアムか埼スタでMさんにお会いできるかもしれませんね
    長文、すみませんでした


    返信削除
    返信
    1. tomatoさん、こちらこそ写真と全く関係ないサッカーネタにレスいただき恐縮です。^^;
      今シーズンのレッズはリーグ戦こそあれでしたが、タイトル戦は見事でしたねぇ~。
      羨ましいです。(笑)
      マルちゃん、行きますので応援よろしくです。(笑)

      削除