2011/03/30

off

Leica X1

突然の休日
少し気分転換



*2011.3.30 追記
X1のfirmwareがver.2.0になった

諸々の改善に加えて
MF時の測距がロック&保持できたり
被写界深度が表示されたりと
ライカらしいバージョンアップがとても良い

スナップカメラとして...
真に撮影者の立場で...

こういうところを改善してくるのは
リコーとライカぐらいだと思う






2011/03/25

上質なカメラ


Rolleiflex 3.5F,Ektar100,Rolleinar2

ファインダーに浮かび上がる特別な世界
シャッターの音 巻き上げの感触…
これら全てが重なり合い
シャッターを切るたび フィルムを巻き上げるたびに
それらの心地良さが自分を撮ることに向かわせる
これが僕が好むカメラの共通項だ

ライカMPのなめらかな巻き上げの感触
静かで上品なシャッター音
ローライフレックスのピントグラスが写し出す美しい世界
「チッ」っと囁くシャッター音
全てが上質で心地良い
僕を優しい気持ちにして 被写体に向かわせてくれる

デジタルカメラの場合はどうだろう
デジタルカメラは色々なシチュエーションで電子音が鳴る
AFの合焦音 エラー音 シャッター音 etc…
デジタルカメラの場合はカメラの操作性などに加えて
特にこの音も 撮影するという行為において
大切な要素であることに最近気がついた

この点 ライカX1は実に音がいい
全ての音が上品で心地良いのである
M3の1/60秒のシャッター音をサンプリングしたというシャッター音は
上品に小さく「チッ」と囁く
AFの合焦音も合わなかった時のエラー音もとても上品
もちろん カメラの操作性や画面のアイコンなども
動画などの付随機能が全くないこともあって 極めてシンプル
そういう意味でX1もM型ライカやローライフレックスと同様に
心地良く撮ることに気持ちを向かわせてくれるカメラであると言える

この辺りは正直 他の日本製のデジカメと一線を画していると思う

上質なカメラは 僕を優しくして 僕の中の写欲をそっと後押してくれる
そんなカメラなのである




いつもは ほとんど文章のないブログだけど
フジX100の発売&暇なこともあって
カメラに対する思いをちょっと語ってみました ^^;





2011/03/21

海のstory #1


先日納品した作例写真...
『海』の写真は全てNGとなった
いわゆる表現規制

メーカーのカタログ故 納得







空、青くなる

Leica X1

3/16発売 『雲の上はいつも青空』

こんな時だから
読みたい 観たい 1冊

Hope is always in your hand

未発表の作品がたくさん掲載されていて嬉しかった

web連載サイトはこちら...





2011/03/18

花を

Rolleiflex 3.5F,Ektar100,Rolleinar2

僕にできること

義援金

節電

経済の安定・発展の一助となること




 


2011/03/11

春の日

Rolleiflex 3.5F,Ektar100,Rolleinar2





- 2011.03.12 03:57am-
ん~ なかなか帰れない...
でも 無事です

あっ また地震!
31Fにいるんだけど 超怖い (>_<)






2011/03/09

stairway

Rolleiflex 3.5F,400NC

作例撮りも終わり本日納品
ほっと一息

でも「その場でチェックさせていただきます」って
どういうことでしょ?
ダメ出しされて「もう一回撮ってきてください」
なんてこともあり得るってこと?
おっ 恐ろしい・・・(笑)







still

Leica MP,nokton classic 35/1.4,RDPⅢ

セツナイロのソラ...






2011/03/08

薄日射す

Leica X1

話題のフジのX100・・・
昨日の梅のシーンやこういうシーンは
どんな風に写るのだろう

ちょっと気になる





2011/03/02

X1

Leica X1

ふと このブログの検索ワードランキングを見たら
Leica X1が1位だった
フジ X100の発売を控え 色々比較してるのかな?

ちなみに2位は Eyes of M
ブログタイトルで検索していただけるなんて
なんかちょっと嬉しい...

いつもアクセスしていただき ありがとうございます m(__)m